不動産資産の管理を上手く|マンション経営に不安がある方はサークルホームを利用しよう

マンション経営に不安がある方はサークルホームを利用しよう

住宅模型

不動産資産の管理を上手く

集合住宅

大変な管理を任せる方法

マンション管理は行う事が非常に多岐にわたります。入居者との賃貸契約や募集、建物の共用部の維持管理や修繕といった事を行います。オーナーのほとんどは兼業でしていますが、専任の人でも大変な労力が必要な仕事です。これらの事をマンション管理会社にお願いする事ができます。マンション管理会社と不動産管理業務委託契約を結ぶ事によりオーナーの資産管理負担の軽減になります。入居を募る広告作成や入居者との契約を間に入ってスムーズに行ってくれたりといったオーナーがする業務を代行してくれます。入居者は賃貸借契約をマンション管理会社と結ぶ方法もあります。その場合クレームもマンション管理会社が対応します。家賃催促といったオーナーからしたら億劫になる事も担ってくれます。精神的にも身体的にも助かる方法と言えます。

契約形態は2つある

管理業務委託契約を結ぶと、オーナーの負担は減り助かる事ばかりです。オーナーからマンション管理会社に費用を支払う事になるので、トラブルないようにオーナー自身も理解しておく事はあります。まずこの契約には2種類の形態があります。一括借り上げ管理契約と一般管理契約です。一般管理契約はオーナーがする管理業務をマンション管理会社が代行する事です。整備や保守、清掃といった管理業務から賃貸契約といった入居者管理も行います。入居者はオーナーと賃貸契約を結ぶので、家賃や礼金の設定はオーナーが行えます。一括借り上げ管理契約では全室をマンション管理会社がオーナーから借り、入居者に転貸借します。オーナーからしたら全室借りてもらえた事になり、家賃保証もされてるので安心して収益をあげれます。ただし入居者はマンション管理会社と契約しますので、家賃の設定等はオーナーを介しません。